おまとめローンは銀行カードローンが有利な理由

MENU

おまとめローンは銀行カードローンが有利な理由

総量規制ができてから、おまとめローンはより一層借り手側の選択肢の一つとして認知されてきました。

 

それは、総量規制によって借りられない人が増えたのが一番の原因ですが、おまとめローンに込められているメリットが多くの人に知られてきたことも一因としてあります。

 

そんな、おまとめローンですが、おまとめローンをするなら消費者金融よりも銀行カードローンの方が絶対的に有利と言われています。

 

なぜ銀行カードローンの方が有利でメリットが多いのか?一つ一つ説明していきます。

銀行カードローンは総量規制対象外!

まず、銀行カードローンの方がメリットが大きいとされる最大の理由は、総量規制対象外にあります。

 

おまとめローンを検討する人は数社から借入している人がほとんどですので、年収3分の1の総量規制に抵触する人が一般的なフリーローンに比べて多いのが現実です。

 

そのような中、消費者金融では総量規制が適用されますので、消費者金融のフリーローンでは年収3分の1を超えるおまとめローンは利用ができません(貸金業法に基づくおまとめ専用ローンなら利用は可能です)。

 

しかし、銀行カードローンの場合、総量規制が対象外となることで、フリーローンでもおまとめローンとして利用することができるのです。

 

これがまず、最大のメリットと言えるでしょう。

銀行なら年収3分の1以上でも限度額内で借入が可能!

次に、銀行フリーローンなり、おまとめローンなり、金融機関からの融資の場合、年収3分の1の規定がありませんので、仮に年収が600万円の人で、250万円のおまとめローンを組んだとしても、基本的に限度額内で借入が可能となっています。

 

これに対し、消費者金融で貸金業法に基づくおまとめローンをした場合、総量規制例外貸付となりますので、限度額内では借入ができず、返済専用のローンとなってしまうのです。

 

おまとめローンの趣旨は、一本化することによって、毎月の返済の負担を減らし、完済まで到達するのが目的なので、はっきり言ってしまえば限度額内では借入ができず、返済のみの方がおまとめローンの趣旨には合っています。

 

しかしながら、今まで限度額内での借入が可能だった人が、突如借入禁止となると、ちょっとした入用でも融資が受けられないので、精神的にかなり厳しくなるのです。

 

このことから、銀行カードローンでおまとめしたとしても、なるべく借入をしないようにしておきながら、いざというときには多少借入できる枠があった方が心にも余裕ができるのです。

おまとめで高額借入をするならば銀行の方が圧倒的に低金利!

最後は金利の問題です。消費者金融会社ではおまとめローンの金利表示はフリーローンと同じく、6.5%〜17.5%などの幅広い金利で表示されています。

 

これでは申込みする前に自分がいくらの金利でおまとめできるのか不明です。おまとめローンはいかに低金利で一本化することが最重要課題となりますので、最初から金利が分からない場合、自分自身で返済計画を立てることも困難となります。

 

銀行カードローンでは、予め限度額で金利設定がされていますので、自分が申込みした借入金額で審査が通った場合、いくらの金利で借りられるのかが事前に分かります。

 

これによって、おまとめローンをした後の金利計算、毎月の返済金額もはっきりするので、毎月の収入と支出を書き出して、いくらおまとめローンに返済を充てられるのかも計算ができるのです。

 

以上のことから、おまとめローンをするならば、銀行カードローンの方が有利でメリットも大きいとされています。理解できましたでしょうか?