総量規制対象外のカードローン【人気の銀行系を一挙紹介!】

MENU

総量規制超えた場合年収3分の1以上でも借りれるのは?

今の貸金業法は総量規制があることから、年収3分の1以上借りることはできません。総量規制例外貸付として、おまとめローンや借り換えローンなどの、金利を引き下げた借り換えに関しては年収の3分の1以上でも借りることができますが、それはあくまでフリーローンでは無く、おまとめ・借り換えなどの特殊融資だけなのです。

 

では、おまとめ・借り換え以外でフリーローンとして、総量規制以上借りようとした場合、どこに申し込みするのが正解なのか分かりますか?借入額が年収の3分の1以上あるからと言って融資を諦めるにはまだ早いのです!

総量規制以上借りれるのは実は銀行カードローンです!

総量規制対象外イラスト

一般的に考えたとき、消費者金融で借りられない人が銀行カードローンで借りられる訳が無いと思うのは当然のことです。カードローンの審査では消費者金融よりも銀行カードローンの方が厳しくなっているのは事実です。

 

なのに何故、総量規制を超えた場合に申し込みするのは銀行カードローンなのか?その理由は借りられる可能性があるのか、絶対的に借りられないのか、その2つの選択肢からどちらを選ぶかによるのです。

消費者金融 フリーローンで年収3分の1以上は貸付が法律で禁止されている。
銀行カードローン フリーローンを年収3分の1以上貸付することができる。(総量規制対象外)

消費者金融と銀行カードローンの総量規制による違いは上記の通りです。見れば分かるかと思いますが、消費者金融の場合はたとえその人に貸付ができそうだと思っても貸金業法によって年収3分の1以上は貸付禁止と決められているので絶対的に融資することができません。

 

もし総量規制のルールを破り、総量規制以上貸付してしまえば貸金業法違反となってしまい、最悪営業停止処分にもなってしまいます。

 

このことから営業停止のリスクを負ってまで年収3分の1以上融資をしてもなにもメリットがないのです。

総量規制以上に借りることができるのは

しかし、銀行カードローンは違います。総量規制対象外なので、年収3分の1以上貸付しても法律違反にはならないのです。これは消費者金融は「貸金業法」、銀行カードローンは「銀行法」に沿って融資をしているので、遵守している法律が異なっているからです。

 

銀行法では貸金業法のような総量規制は存在せず、当然罰則もありません。このため、銀行カードローンであれば、仮に年収の3分の1以上の借入があったとしても、審査担当者によっては貸付をする可能性があることになります。

 

消費者金融では借入確率が0%ですが、銀行カードローンは借入確率0%ではありません。これが総量規制以上借りるならば、消費者金融ではなく、銀行カードローンに申し込みする大きな理由となっているのです。

 

銀行カードローンは総量規制超えても本当に借りれるのか?

銀行で本当に借りれるのか

銀行カードローンが総量規制対象外と言っても、多重債務者に融資をするほど審査は甘くはありません。消費者金融よりも審査が厳しいのに本当に総量規制超えて借入することができるのか?甚だ疑問に思うでしょう。

 

これはあくまで確率論になってしまうのですが、確率が0%の消費者金融に申し込みしても借入できる確率は0%で変わりません。なのでわずかな可能性がある銀行カードローンへ申し込みすることになるのですが、銀行カードローンの審査では下記の項目を重要に見ています。

勤務先の会社規模 勤務先の会社が上場会社や従業員300名以上の大会社、公務員などは銀行の審査では評価が高くなっています。
勤続年数と役職 総量規制以上借りるのを念頭に置いた場合、勤続年数や最低でも5年は必要です。10年以上が好ましく、役職も無しよりは、係長以上の役職が評価されます。部長クラスなら借入の可能性も出てきます。
年収 すでに年収3分の1以上借入がある場合でも、当然年収は多いに越したことはありません。
他社借入限度額の大きさ 他社でいくら借入しているのかは、信用情報で分かります。他社借入の限度額が100万円以上など大きいほど信用があると判断されますので、小さい限度額で数件借入しているよりも、大きな限度額で1件、2件の方が評価が高いのです。

銀行カードローンが総量規制以上融資するケースを考えた場合、やはり返済能力の上限や、万が一返済不能になった時に借金を清算できる力があるか、無いかを審査で見ていると思われます。

 

このことから、年収3分の1以上借りられる可能性がある人は、勤務先の会社規模が大きく、勤続年数が10年以上、そして年収も平均年収以上あり、他の借入限度額が大きいことが必要条件となってきます。

 

銀行カードローンの審査は保証会社の審査も含まれますので、必ずしもこの条件でなければ借りられない訳ではありません。しかしながら、住居種別や居住年数よりも、職種や会社、収入関係を重要に見ていることは間違いありません。

 

まずは申し込みしてみること!別の方法で借りれる可能性があるかも?

男性イラスト図

カードローンの借入金額が年収の3分の1以上ある人は、借金も多く自分では銀行カードローンの審査に通らないと思い込んでいる人がけっこう多いです。

 

その気持ちは充分に分かりますが、不安に思っていても前に進むことは無く、銀行カードローンの審査基準が明確に公表されていないのですから、申し込みしてみなければ実際に借りれるのか、借りられないのか誰にも分からないのが現実です。

 

よくある例として、フリーローンで銀行へ申し込みして審査に落ちたけれど、審査担当者から電話があり、「おまとめローンなら審査に通りそうなので、おまとめローンとして審査をしても良いか?」または、「他の消費者金融を完済することを条件として○○万円の融資ができます(借り換えローン)」などの提案があった人は多くいます。

 

銀行カードローンとしても、フリーローンではリスクが高くて貸付ができないけれど、おまとめローンや借り換えローンであれば、融資可能なので、そっちの方で貸付したいと考える場合もあるのです。

 

銀行は利益率が高い、カードローンに今力を入れており、申し込み者をそのまま断るのではなく、フリーローンが駄目なら、おまとめローンや借り換えローンとして考え、少しでも融資ができそうならば積極的に申込者に対しアピールをしています。

 

総量規制によって消費者金融が貸付制限されている今だからこそ、多方面からの審査をしてくれているのです。

 

借入が多くて審査に通らないと思いながらも、銀行カードローンへ申し込みした結果、他の融資方法で借りられた!フリーローンでも総量規制に関係なく借入することができた!などの人は珍しくありません。

 

もし、貴方がまだ総量規制対象外の銀行カードローンに申し込みしていないのであれば、絶対的にお申し込みしてみることをおすすめいたします。