カードローン即日融資

MENU

カードローン即日融資での注意点とは?

即日融資時間に間に合わなかった男性イラスト図

カードローンの即日融資とは、24時間申込み可能な業者で受付をして審査が通り、振込みなどで融資を受ける事ですが申込みしただけでなくさまざまな条件をクリアしないと即日での融資は受けれなくなり融資を受けるまでに時間が掛かってしまいます。

 

様々な条件と具体的に言うと、身分証の提示・収入の確認・在籍確認などとなります。

カードローン審査で本人確認書類になるのは下記の4点
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • ※住民基本台帳カード

※住民基本台帳カードはカードローン会社によっては認められないケースもあります。

注意が必要なのは、住民票は本人以外でも取得可能な為受付けない業者もあります。それでもまだ居住しているか怪しい場合は申込者宛の郵便物(消印が最近の記載の物)や公共料金の明細などを提示する場合もあります。

 

最近では、自宅に固定電話を引いてない家庭が多い為住所の確認はきちんと行う業者が多く、中堅以下の消費者金融会社では契約前に郵便物をFAX等で送ることはよくあることです。

 

収入の確認は、給料明細の直近2.3か月分や年収証明・所得証明などが必要となり、その際必ず勤務先の会社名・何月分か分かるような部分を提示しないといけません。

 

給料明細が無く銀行振込みであれば通帳の写しでも良い事もあります。尚、自営業者の方は確定申告書など提示を依頼される場合もありますので、税務署の受付印がある確定申告書を準備しておくことをおすすめいたします。

カードローン即日融資では在籍確認が重要なポイント!

カードローン審査の在籍確認については、携帯電話はもちろん自宅や勤務先となります。

 

電話連絡時は業者の会社名は一切伏せて確認をする為家族や勤務先に知られてしまう事は無いので心配はいりません。

 

ただし、申込者によって自宅は申込者以外の対応が必要とか勤務先は第三者から申込者へ取り次いでの対応が必要などの条件が出される場合があるので注意が必要です。(特に自宅兼事務所の個人事業主の場合は、携帯へ転送していることを疑われることがあります。)

 

あとは、銀行振込み希望であれば振込み可能な時間までに上記項目をクリアし契約を済ませる事が絶対条件となってきます。

即日融資を受けるには平日14時までに所定条件をクリアしておくこと!

銀行振込みの時間については業者によって異なりますが、銀行営業時間が15時までですので14時までには済ませておかないと即日融資を受ける事が出来ず翌日になってることが多いでしょう。

 

ただし業者によっては、特定の銀行口座を持っていれば振込み可能時間が19時や24時間可能な場合もあります。なお融資実行されても銀行振込みの場合申込者が確認するには振込み処理の関係で少し時間が掛かります。

 

即日融資でも銀行振込みよりも早く融資を受けたい場合は、店頭窓口や無人契約機を利用するのも良い方法です。

 

そのまま無人契約機へ受付・審査をしに行っても良いですが、あらかじめ受付を済まし必要書類を揃えその他条件をクリアし契約可能となれば、無人契約機へ出向き融資を受けるまでのの時間が圧倒的に早くなります。

 

時間があまり無い方は、インターネットで申込みし、審査を通過してから無人契約機や店頭窓口へ行けば、早ければ30分程度でカード発行となり、その場で即日融資を受けることができるのです。