MENU

カードローンは年収いくらで借りれるの?

年収借入額が分からない女性画像

カードローンを初めて借りようと思ったけれど、自分の年収でいくらぐらいまで借りられるのか?カードローンは数年前に規制が入って、借りられる範囲が決まってるみたいだけど、詳しくは分からない・・・。

 

そんな人が意外に多いように感じます。カードローンの規制=総量規制のことですが、実際、カードローンを利用している人や、過去に利用していた人達は興味を持つかもしれませんが、使っていない人は貸金業法の話題など、全然興味が無いのが当然の話です。

 

その時はカードローンを利用していなかったけれど、今急にキャッシングをしなければならなくなった。でもはっきりと借りられる金額が分からない、または、そもそも総量規制ってなんなの?という方もいると思います。

 

総量規制とは年収の3分の1までしか貸せない法律です

総量規制とは、年収の3分の1を超える貸付を禁止している法律です。分かり易く言えば、年収300万円の人は3分の1の100万円までしか借りることができません。

 

総量規制と年収の関係を下記の表にまとめてみました。

年 収 100万円 200万円 300万円
借入可能額 33万円 66万円 100万円
400万円 500万円 600万円 700万円
133万円 166万円 200万円 233万円

これを見れば分かると思いますが、年収の1/3までしか借りられないので、仮に年収700万円あったとしても、総量規制によって借りられる限度額は233万円までとなります。

 

これが多いのか、少ないのかは、それぞれの見解に分かれますが、国は個人の借入を法律によって制限していることには変わりありまん。

銀行カードローンは年収3分の1の計算には入りません!

銀行カードローンを見ている男性画像

さっきの表を見て、例えば年収500万円の人が借りられるのは総量規制で166万円までとなりますが、これは消費者金融等の貸金業者からの借入に限られています。

 

銀行は総量規制対象外となりますので、仮に銀行カードローンで100万円借入があったとしても、その数字は計算に含みませんので、年収500万円だった場合、まだ消費者金融からMAX166万円まで融資を受けることが法律上可能になっているのです。

 

これが総量規制のおかしな点ですが、あくまで銀行からのローンは消費者金融と同じ性質のローンだったとしても除外されます。銀行カードローンで200万円借金があったとしても、総量規制的にはまだ多重債務者ではないと言っているのです。

自分の年収でより多く借りるには銀行カードローンから!

銀行カードローンは、保証会社が必ず付くことになっており、多くは貸金業者が保証会社になっています。その為、銀行カードローンの審査時に、消費者金融の借入は知られてしまいます。

 

では反対に、銀行カードローンの借入があったとして、消費者金融の審査にバレてしまうのでしょうか?

 

詳しく言えば、銀行か銀行の保証会社が消費者金融が加盟している信用情報機関に入っていれば、その情報は分かることになります。

 

しかし、仮に銀行カードローンで借入があったとしても、総量規制上は借入が無いことになりますので(あくまで計算上ですが)、消費者金融会社は積極的に融資の方向で考えるでしょう。

 

このことから、より多く借入をしたい人は、まず銀行カードローンから申込みし、借りれる範囲だけ借りることがポイントとなります。

 

より多く借入ができたとしても、当然支払額も高額になりますので、その辺は重々気を付けることが大切です。