おまとめローン 銀行カードローン

MENU

おまとめローンとしても利用できる銀行カードローン

銀行のローン商品には貸金業者からの借入の集約を目的とする「おまとめローン」が滅多にありません。ただ、銀行には借入金の使途の自由な「フリーローン」があり、おまとめ用として利用することが可能な商品もあります。

 

そのフリーローンには以下のものなどがあります。なお、どのローンも当該銀行に口座を開設することが必要であり、保証会社による保証を受けることも皆同じです。

銀行カードローン 金利 貸出限度額 返済方式
りそな銀行プライベートローン

6.5%・9.5%・12.0%・14.0%
※特典-0.3%

300万円 元利定額方式(ボーナス併用不可)
イオン銀行フリーローン 3.8%〜13.8% 800万円 元利定額方式(ボーナス併用可)
住信SBIネット銀行

3.775%〜12.0%
※得点-1.0%

1,000万円 元利定額方式(ボーナス併用不可)
銀行カードローン 最長返済期間 契約方法 申込条件
りそな銀行プライベートローン 7年 店頭 限定条件無パート利用可※学生不可
イオン銀行フリーローン 8年 郵送 年収200万円以上※学生不可
住信SBIネット銀行 10年 WEB 限定条件無し
銀行カードローン 返済方法 返済期日 最低返済額
りそな銀行プライベートローン 口座引落 8日・18日・28日
イオン銀行(フリーローン) 口座引落 27日 1万円(店舗契約10万円)
住信SBIネット銀行 口座引落 5日

契約時の必要書類

りそな銀行プライベートローン 本人確認書類・預金通帳・仮審査申込書
イオン銀行(フリーローン) 借入300万円超の場合は収入証明書
住信SBIネット銀行 借入100万円超の場合は収入証明書・使途証明書
金利

消費者金融のおまとめローンに比べるとかなりお得です。特に、りそな銀行ではカードローンとのセット利用者に0.3%、住信SBIネット銀行では住宅ローン利用者に1.0%、カードローン利用者と証券口座保有者に0.5%の金利割引サービスを行っています。

 

貸出限度額

イオン銀行や住信SBIネット銀行の貸出限度額が高額になっていますが、借り換えとして使うには必要のない金額です。

 

返済方式

返済方式は消費者金融と同じ元利定額方式ですが、ボーナスとの併用返済のできる銀行とできない銀行があります。

 

最長返済期間

消費者金融と比べると短くなっていますが、借り換えには十分な年数です。

 

契約方法

ネットバンクの場合は当然店舗が無いため、郵送やインターネットでの手続きになっています。

 

申込条件

安定収入の他に、年収200万円以上という条件付けている銀行が多くあります。

 

返済方法

返済方法はどの銀行も一律、自行の口座からの引落です。

 

必要書類

契約に必要な書類は銀行によってまちまちです。

おまとめローンの利用の流れ

おまとめローン利用の流れを説明する女性

消費者金融のホームページには通常のカードローンと同じように「おまとめローン」が案内されているため、単に複数のカードローンをまとめるためのカードローンと誤解している人が少なくありません。

 

確かに、ホームページではおまとめローンを利用すればこれだけ返済額が減り、毎月の支払いが楽になるということが目立っているだけです。

 

しかし、おまとめローンはカードローンではなく、借入金の使途が定められた「目的別ローン」であり、その点ではマイカーローンや住宅ローンなどと変わりません。

 

実際に、おまとめローンの詳細を見てみると、借入金の使途欄に「借換え専用ローン」だとか、「当社及び他社借入金の借換え」と記載されています。だからこそ、借入金の返済期間がどの業者でもカードローンの約2倍の10年程度になっています。

 

そして、借入の環境が複雑であることから一般的に、インターネットからの申込は不可となっています。ちなみに、目的別ローンであるため、備考欄には「おまとめローンはご返済のみで追加のお借入れはできません」という文句が入っています。

おまとめローンとはどんなローンなのか?

おまとめローンのシステムは残債のあるカードローンの借入残高をすべて合計し、おまとめローンから合計した金額を借り入れ、その借入金ですべてのカードローンの残債を完済します。その後はおまとめローンの借入金に対してだけ返済をしていきます。

 

おまとめローンに申し込むと審査が行われ、融資が決定すると返済手続きなどの説明があり、その後契約書が作成されます。

 

なお、おまとめローンは借入金額が時として大きくなることや、また返済状況が苦しい場合に利用されるものでもあるため、業者にとってはリスクが大きくなります。

 

従って、審査は通常のカードローンよりも慎重に行われます。収入内容や返済状況など、申込者への質問内容もかなり詳細にわたります。当然、勤務先からの安定した収入が絶対条件です

 

借入金に関しては他の目的別ローン同様、申込者に直接渡されるのではなく、おまとめローン業者が現在の借入先に対して残高分の金額を申込者名義で振り込むのが一般的です。

 

従って、申込者は事前におまとめローン業者に対して現在の借入先への振込依頼書を提出しなければなりません。なお仮に、申込者が借入金を受け取る場合は速やかに全業者に対して返済し、完済したという証の完済証明書をおまとめローン業者に提出することが義務付けられています。

 

ところで、返済方式はどの業者も元利定額方式になっていますが、毎月の最低返済額は業者によって異なっています。


関連ページ

銀行カードローンの審査が厳しい理由
銀行カードローンの審査は消費者金融と比較すれば圧倒的に厳しいです。なぜ審査が厳しいのかについて説明します。
銀行カードローンの金利・借入・返済を比較してみた!
銀行カードローンは種類も多いですが、有名な銀行カードローンの金利・借入・返済を比較してみました。表で分かり易くしてあるので参考にしてみてください。