銀行カードローンの審査厳しい

MENU

銀行カードローン審査が厳しい理由

今のカードローン市場は間違いなく銀行カードローンが主役となっています。金利や限度額、利便性、どれにおいても消費者金融よりもスペックは確実に上回っているのは確かなことです。

 

しかし、審査の点からみれば、消費者金融よりも圧倒的に審査が厳しいのは間違いがありません。なぜ、銀行カードローンは審査が厳しいのか?その疑問について書いていこうと思います。

銀行カードローン審査と消費者金融審査の決定的な違いとは?

銀行カードローン審査と消費者金融の審査では決定的な違いがあります。それは、保証会社の有無です。

 

銀行カードローンは、必ず保証会社が付きますが、消費者金融には保証会社が付いていません。保証会社とは、債務不履行(延滞や債務整理、破産など)になっった場合、銀行に対して借入残元金と利息を一括で債務者に代って返済する会社のことです。

 

銀行はこの保証会社がつくことによって、貸倒を無くし、融資をすることができます。そのため、保証会社の審査が通り、保証が付かなければ銀行カードローンは借入ができません。

 

この保証会社こそ、銀行カードローンと消費者金融との大きな違いなのです。

銀行は保証会社と銀行の2つの審査があります!

銀行カードローンの審査が厳しい理由の最大の原因に保証会社と銀行の2つの審査があることが挙げられます。消費者金融であれば、そこの審査基準で審査が通れば借入ができますが、銀行の場合、保証会社の審査に通り、尚且つ、銀行の審査も通過しなければ借入ができず、実質2社のカードローン審査を受ける必要があるからです。

銀行の保証会社は1社よりも2社のカードローンを選ぶべし

銀行カードローンの保証会社は必ずしも1社だけではないところがあります。例えば、オリックス銀行カードローンの場合、保証会社はオリックス・クレジット(株)と新生フィナンシャル(株)の2社になっています。

 

この場合、もしオリックス・クレジット(株)で保証会社の審査が通らなかったとしても、新生フィナンシャル(株)での審査が通れば、保証会社の審査はOKとなっています。

 

どちらかの保証が付いたとしても、最終的にオリックス銀行の審査に通過しなければ融資は受けられませんが、保証会社が1社よりも2社の方が審査を受けるには有利なことは間違いがありません。

 

オリックス銀行以外にも、楽天銀行カードローンでも、保証会社は楽天カード株式会社または株式会社セディナとなっていますので、1社の保証会社のカードローンよりも審査は若干有利と言えるでしょう。

 

このように、銀行カードローンの審査が厳しい理由には、消費者金融とは決定的に違う審査をしていることが大きな要因なのです。

関連ページ

おまとめローンとしても利用できる銀行カードローン
おまとめローンとしても利用可能な銀行カードローンを一覧にして比較し、ご紹介しています。
銀行カードローンの金利・借入・返済を比較してみた!
銀行カードローンは種類も多いですが、有名な銀行カードローンの金利・借入・返済を比較してみました。表で分かり易くしてあるので参考にしてみてください。