総量規制対象外なら主婦でもOK?即日融資のカードローンはここで決まり!

MENU

総量規制対象外なら主婦でも即日融資で借りれるのか?

 

総量規制?総量規制対象外?初めてカードローンを借りようと思ったけど、専業主婦の私は借りられないの?


 

大丈夫!総量規制対象外のカードローンなら借りられるよ!しかも低金利で即日融資に対応しているから消費者金融よりも、よっぽど安心だぜ!


総量規制対象外と言う言葉をご存じでしょうか?消費者金融では平成22年より多重債務者を減らす目的で「融資は年収の3分の1までにする」という規制が実施されています。

 

その為、年収が300万円の人であれば、借入は100万円まで、年収400万円であれば133万円までが借りられる上限になっているのです。この規制のことを「総量規制」と言いますが、これは貸金業法の規制になっていますので、対象は貸金業者だけとなるのです。

 

貸金業者とは、貸金業登録している会社のことで、消費者金融やクレジットカードのキャッシングが当てはまります。つまり、年収3分の1制限の総量規制は消費者金融等の貸金業者に限定されていると言うことなのです。

総量規制の対象会社(年収3分の1しか借りられない)

消費者金融会社・クレジット会社ロゴ

消費者金融会社・クレジットカード会社のキャッシング・信販会社のキャッシング

※クレジット会社・信販会社のショッピングについては年収1/3規制は関係ありません。割賦販売法になりますので別の法律が適用されます。総量規制が適用されるのはクレジットカードからのキャッシング(現金借入)になります。

総量規制対象外について2人が分かりやすく説明します!

洋(ヨウ)

今日子

ヨウさん全身イラスト

自分自身で数件カードローンを借りており、カードローンの知識は豊富。スタバのコーヒーとドーナツが大好き。

今日子全身イラスト

ヨウの高校の後輩。専業主婦で子供有。初めてカードローンを借りようとしたが分からず、ヨウに相談中。

銀行カードローンは総量規制対象外となります!

 

消費者金融やクレジットカードのキャッシングは総量規制のルールで借入に制限があるのは分かったけど、年収の3分の1が関係なく借りれるカードローンって、どこなの?


 

それは銀行カードローンだよ。銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法で法律が違うから、銀行に貸金業法の総量規制は適用されないんだ。知らなかっただろ?


お金を借りれるのは消費者金融やクレジットカードからのキャッシングだけではありません。消費者金融等以外で有名なのは銀行が融資している、銀行カードローンになります。

 

銀行は貸金業者とは違いますので、総量規制は対象外となり、融資の際に年収3分の1までという規制は無く、審査によって年収3分の1以上融資可能と結果が出れば、銀行カードローンなら消費者金融では貸付できないゾーンでも貸付可能になるのです!

消費者金融

銀行カードローン

年収3分の1までしか借りられません。

消費者金融アイコン

年収3分の1以上でも借入が可能です。

銀行アイコン

総量規制対象外カードローンのメリットと特徴とは?

収入はないけど安定はあるイラスト図

 

銀行カードローンなら、私みたいな専業主婦でも夫に安定的な収入があれば借りられるってことだね!


 

その通り!お前は自分の収入が無いから消費者金融では借りられないけど、銀行カードローンならきっと融資してくれるはずだぜ!


総量規制対象外のカードローンの特徴は、専業主婦に対しても融資が可能ということです(銀行カードローンによっては専業主婦への貸付は不可となっている場合もあります)。専業主婦とは、パートもアルバイトもしておらず、自分収入が無いので年収は0円となります。

 

消費者金融ではあくまで年収の1/3までと総量規制できまっていますので、収入が0円の場合、貸付することができないのです。
しかし、銀行カードローンであれば総量規制対象外となりますので、専業主婦が収入0円でも、配偶者に安定的な収入があれば融資は可能になるのです!

 

総量規制ができてから、専業主婦は借入ができなくなりましたが、それはあくまで消費者金融などの貸金業者だけであり、銀行であれば融資を受けることは充分に可能なのです。

消費者金融

銀行カードローン

専業主婦へ貸付は禁止

消費者金融アイコン

※専業主婦でも貸付可能

銀行アイコン

※総量規制対象外でも専業主婦へ融資を行っていないローンもあります。必ず公式HPで確認してください。

主婦は消費者金融から絶対に借りることはできないの?

貸金業法では主婦に貸付を禁止している訳では無く、自分自身の収入が無い人への貸付を禁止しています。そのため、主婦でもパートやアルバイトをしており、給料収入がある人は、その年収の3分の1までは借りることができます。

 

仮に月のパートの給料が6万円だった場合、6万円×12=72万円 72万円÷3=24万円となり、審査に通ればですが、最大24万円まで消費者金融から借りることは可能なのです。

 

なぜ銀行カードローンをおすすめしているのかと言えば、この3分の1規制が無いことから、上記の場合においても最大30万円~50万円の限度額で融資を受けられる可能性が高いからです(もちろん、専業主婦で収入が0円の人でも銀行なら借りれることが1番の理由ですが)。

 

生活費の補填として10万円程度借りたい場合、消費者金融では金利も高く、限度額も低いですが、銀行なら低金利で限度額も多く借りれるなら、どちらに申込しますか?ほとんどの人が銀行と答えるはずです。それだけ多くのメリットが銀行カードローンにはあるのです。

消費者金融の配偶者同意貸付ってどんな制度?

貸金業法では収入が無い専業主婦は借りることができないのですが、例外的に融資を受ける方法があります。それが「配偶者同意貸付」になります。

 

配偶者同意貸付とは、配偶者の年収と負債を申込者(専業主婦)と合算したものに対して3分の1まで貸付をするものです。

 

仮に申込者の専業主婦の年収が0円、借金0円、配偶者の夫の年収が600万円、借金が0円の場合、配偶者の同意が必要ですが、600万円の1/3で200万円までは借りることができます。

 

年収と負債(借金)を夫婦で合算しますので、もし申込者の専業主婦に借入が無くても、配偶者の夫が多重債務で借入が合算年収の1/3を超えていた場合は断られることになります。

 

配偶者同意貸付の特殊性として、配偶者が保証人になるわけではありませんので、あくまでも返済義務は主債務者であり、夫にはありません。そのため貸付に同意したからと言って、返済を請求されることは無いのです。

配偶者同意貸付が普及していない理由とは?

消費者金融でも専業主婦に融資可能な「配偶者同意貸付」は、実は全くと言って普及していません。なぜ現場では利用されていないのか?それは手続きの多さと、借入することを打ち明けなければならない問題にあります。

 

一般的にカードローンは本人証明書のみで借りることができます。運転免許証さえあれば、借入希望金額50万円以下で他社の借入との合計が100万円以下の場合は、収入証明書も必要ありません。

 

これがカードローンの良い点なのですが、配偶者同意貸付になると、まず配偶者との関係を証明する戸籍謄本が必要になってきます。そして、配偶者の借入状況も調べますので、本人・配偶者の信用情報を照会することになります。

 

このため、配偶者の氏名・生年月日、融資の同意、信用情報の同意書類などが必要になり、かなりの量になってしまいます。もちろん直筆で同意サインが必要なので、郵送や来店でのやりとりになり、即日融資は時間的に厳しくなります。

 

融資の同意は書類だけではなく、口頭でも確認をする必要がありますので電話で消費者金融担当者と配偶者が話さなければなりません。

 

そして一番のネックは、借金することを配偶者に伝えることです。誰もが消費者金融で借入する場合、家族等に内緒で借りる人ばかりです。わざわざ借金をすることを事前に伝える人はあまりいないでしょう。

 

専業主婦の人も同じで、配偶者に消費者金融から借入することを話し、同意をもらうことは、保証人を付けるのと同じぐらい難しいことです。

 

配偶者同意貸付は、消費者金融側にとっても利用する側にとっても、利点があまり無いことから実際には使われていない総量規制例外の制度となっているのです。

総量規制例外と対象外ってどこが違うの?

例外・除外・対象外は何が違うのか?イラスト図

総量規制は、厳密に言えば、総量規制例外、総量規制除外、総量規制対象外に分かれます。総量規制例外と除外に関しては、年収3分の1までの規制がある消費者金融などの貸金業者が関係あるものです。

 

貸金業者は年収の1/3までしか貸付ができませんが、全て貸付を規制してしまうと様々な問題が生じてくるので、貸金業法では総量規制例外貸付と総量規制除外貸付に分けて、年収3分の1以上でも融資ができるように一部認めているのです。

総量規制例外貸付 おまとめローンや借り換えローン、個人事業主への貸付、配偶者同意貸付、緊急医療費などの貸付
総量規制除外貸付 住宅ローンのつなぎ資金、自動車ローン、高額医療費などの貸付
総量規制対象外 契約では無く、貸金業者以外で融資を行うものを具体的に指す。

総量規制例外貸付と総量規制除外貸付は、あくまで消費者金融などの貸金業者が例外的に年収3分の1以上融資できる契約となっています。

 

一方、総量規制対象外とは契約では無く、年収3分の1の規制を受けない意味での「対象外」となりますので、貸金業者以外は全て「総量規制対象外」となるのです。

 

 

貸金業者以外は全部が総量規制対象外で、例外と除外は、貸金業者が行う契約の意味だったんだね。


総量規制対象外のメリットとは?

今日子解説ポイントイラスト

【総量規制対象外カードローンのメリット】

  • 銀行貸付だから、消費者金融よりも低金利
  • 審査によっては年収3分の1以上借りられる
  • 多くのローンで、おまとめ・借り換えも対応している
  • 収入証明書不要で借りられる
  • 専業主婦でも※借入が可能
  • 提携ATM利用手数料が※無料

※銀行によっては、専業主婦へ貸付していないカードローンもあります。
※一部の銀行は、提携ATM手数料が有料になっています。


 

総量規制例外貸付と総量規制除外貸付は、あくまで消費者金融などの貸金業者が例外的に年収3分の1以上融資できる契約となっています。

 

一方、総量規制対象外とは契約では無く、年収3分の1の規制を受けない意味での「対象外」となりますので、貸金業者以外は全て「総量規制対象外」となるのです。

 

銀行は消費者金融に比べて上限金利が低いのが特徴で、15%以下のカードローンが一般的です。中には消費者金融と同じ上限金利の銀行もありますが、オリックス銀行のように借入限度額が高くなれば低金利になるローンもありますので消費者金融よりは使いやすいと言えます。

これからのカードローンは益々銀行が優位になっていく!?

銀行と消費者金融の金利差がここまで大きい場合、消費者金融のメリットである、審査スピード・即日融資対応が霞むほど、銀行のメリットが断然に勝っていると言っても良いでしょう。

 

今の銀行カードローンは最短即日審査可能なところが多く、審査時間は消費者金融とあまり変わりません。即日融資はまだ限られた銀行しか対応していませんが、今後は即日融資可能になる銀行が増えてくると予想されます。

 

そうした場合、もはや消費者金融が銀行カードローンに勝るポイントは全く無くなってしまうのです。

【カードローン選びのポイント】コンビニATMの手数料は隠れ金利!?

ATM手数料と利息の関係イラスト

カードローンの利用を考えている人の中に、契約費用のことを心配している人がいますが、カードローンの利用における費用はすべて利息に含まれているため、利息以外の費用の掛かることはありません。

 

ただ、筋道を立てて言えば、利息というのは貸付金における対価であり、カードローンの契約締結の際に発生する事務費用や調査料などの費用は利息とは関係ないため、利用者が負担すべきものです。

 

しかしながら、契約時に手数料の徴収を認めると、それにかこつけて、様々な名目の費用を利用者に負担させるようになり、貸出金利の上限を定めた利息制限法の規制が有名無実となる危険性があります。

 

そこで、そこのような事態を回避するために、「貸付に際して受け取る貸付元金以外の金銭」はすべて利息とみなすという「みなし利息」の規定が利息制限法によって設けられました。そのため、すべての費用は利息に含まれていることになります。

ATM手数料は例外として利息に含まれません!

ヨウさんイラスト

ただし例外として、みなし利息には含まれない費用がいくつかあり、その中の一つが「ATM手数料」です。

 

現在、ATM手数料は利用金額が1万円以下では108円、1万円を超える場合は216円になっており、一部の普通銀行・ネットバンクを除いて必ず取られます。

 

ATMと言えば、一番利用される機会の多いのがコンビニATMです。コンビニATMは日本全国どこにでもあり、24時間開いているため、通勤帰りや買い物ついでに利用できますし、旅行中にお金が必要になった時でもコンビニATMから簡単にお金を手に入れることができます。

 

実は、このATM手数料が「隠れ金利」と呼ばれており、使い方によってはカードローンの金利より高くつきます。

コンビニATM利用手数料を金利に換算すると非常に高いことに気付く

例えば、消費者金融のカードローンから3万円を借り入れると通常、金利が18%であるため、1ケ月後(30日後)に返済した場合は443円の利息が掛かります。

 

その3万円をコンビニATMから月初に出金し、月末に入金すると、2回分の手数料として432円(216円×2回)を取られます。利息の443円とほとんど変わりません。

 

仮に、ATM手数料の432円と利息の443円を足した875円を借入金3万円の1ケ月分の利息と見做すと、その金利は35.5%にもなります。コンビニATMの手数料が「隠れ金利」と呼ばれる所以がここにあります。

 

過去、消費者金融が「サラ金」と呼ばれていた時代に違法?な高金利が社会的な批判を浴びましたが、その時の金利は29.2%です。その時代の金利より高い率になっています。コンビニATMは効率的に使わないと、思わぬ負担を強いられることになります。

 

ちなみに、コンビニATMの手数料が借入・返済とも無制限で無料になっている銀行カードローンには三井住友銀行、楽天銀行(スーパーローン)、オリックス銀行、じぶん銀行(じぶんローン)、新生銀行(レイク)などがあり、全て総量規制対象外の銀行カードローンとなっています。

 

総量規制対象外のカードローンのメリットは年収3分の1以上借りられることもそうですが、本当は提携ATM手数料無料が1番のメリットになっていることに多くの人が気付いていないのです。

 

なお、コンビニATMを使わない無料の借入方法としては銀行口座への振込キャッシングがあり、同じく無料の返済方法としては銀行口座からの引き落としとインターネット振込(ペイジー)があります。